2017年03月20日

宮沢賢治「無声慟哭」


宮沢賢治の最愛の妹とし子の臨終に書かれた詩「永訣の朝」「松の針」とお聴きいただきましたが、今日は三部作の最後「無声慟哭」の朗読をお聴きください。
賢治の一番の理解者であった最愛の妹とし子は、大正11年11月25日、24歳の若さでこの世を去りました。とし子は父に向かって「兄をよろしくお願いします」と最後の言葉を残して亡くなったそうです。。
「修羅」を歩いている・・・という賢治。。
生きることに悩み、葛藤している賢治の気持ちが伝わってくる詩です。

「無声慟哭」
こんなにみんなにみまもられながら
おまへはまだここでくるしまなければならないか
ああ巨きな信のちからからことさらにはなれ
また純粋やちいさな徳性のかずをうしなひ
わたくしが青ぐらい修羅をあるいてゐるとき
おまへはじぶんにさだめられたみちを
ひとりさびしく往かうとするか
信仰を一つにするたつたひとりのみちづれのわたくしが
あかるくつめたい精進(しやうじん)のみちからかなしくつかれてゐて
毒草や蛍光菌のくらい野原をただよふとき
おまへはひとりどこへ行かうとするのだ
(おら、おかないふうしてらべ)
何といふあきらめたやうな悲痛なわらひやうをしながら
またわたくしのどんなちいさな表情も
けつして見遁さないやうにしながら
おまへはけなげに母に訊(き)くのだ
(うんにや ずゐぶん立派だぢやい
  けふはほんとに立派だぢやい)
ほんたうにさうだ
髪だつていつさうくろいし
まるでこどもの苹果の頬だ
どうかきれいな頬をして
あたらしく天にうまれてくれ
(それでもからだくさえがべ?)
(うんにや いつかう)
ほんたうにそんなことはない
かへつてここはなつののはらの
ちいさな白い花の匂でいつぱいだから
ただわたくしはそれをいま言へないのだ
(わたくしは修羅をあるいてゐるのだから)
わたくしのかなしさうな眼をしてゐるのは
わたくしのふたつのこころをみつめてゐるためだ
ああそんなに
かなしく眼をそらしてはいけない
ポッドキャスト登録はこちら

ナレーション・朗読会等 承ります。メールにてご連絡下さい
kotodama.1280@gmail.com


🎶ランキングに参加しています。よろしかったら下記をクリックして応援お願い致します!
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村
posted by mika at 22:22| Comment(0) | 宮沢賢治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

宮沢賢治「松の針」


今日の朗読は、第一回目に配信した「永訣の朝」に続き、妹とし子の死に際し書かれた連作となっている作品「松の針」です。

「ああいい さつぱりした  まるで林のながさ来たよだ(林の中に来たようだ)」・・・
とさっぱりした表情をするとし子。。
そんなとし子を見て「私に一緒に行けとたのんでくれ・・・」と哀願する賢治・・。
「永訣の朝」に続き、死に向かっていくとし子ととし子を見守る賢治の気持ちがせつない詩です。

『松の針』

さつきのみぞれをとつてきた
あのきれいな松のえだだよ
おお おまへはまるでとびつくやうに
そのみどりの葉にあつい頬をあてる
そんな植物性の青い針のなかに
はげしく頬を刺させることは
むさぼるやうにさへすることは
どんなにわたくしたちをおどろかすことか
そんなにまでもおまへは林へ行きたかつたのだ
おまへがあんなにねつに燃され
あせやいたみでもだえてゐるとき
わたくしは日のてるとこでたのしくはたらいたり
ほかのひとのことをかんがへながら森をあるいてゐた

(ああいい さつぱりした 
まるで林のながさ来たよだ)

鳥のやうに栗鼠のやうに
おまへは林をしたつてゐた
どんなにわたくしがうらやましかつたらう
ああけふのうちにとほくへさらうとするいもうとよ
ほんたうにおまへはひとりでいかうとするか
わたくしにいつしよに行けとたのんでくれ
泣いてわたくしにさう言つてくれ

おまへの頬の けれども
なんといふけふのうつくしさよ
わたくしは緑のかやのうへにも
この新鮮な松のえだをおかう
いまに雫もおちるだらうし
そら
さわやかな  
terpentine(ターペンテイン)の匂もするだらう

terpentine(ターペンテイン)=松やに 

ポッドキャスト登録はこちら

ナレーション・朗読会等 承ります。メールにてご連絡下さい
kotodama.1280@gmail.com


🎶ランキングに参加しています。よろしかったら下記をクリックして応援お願い致します!
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村
posted by mika at 23:12| Comment(0) | 宮沢賢治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

宮沢賢治「永訣の朝」


これまで更新してきたケロログのポッドキャストが突然使用できなくなったので
シーサーブログに朗読ポッドキャストをお引越し致しました。
不定期配信ですがこれからも朗読ポッドキャストをお楽しみ頂ければ嬉しいです。

今日の朗読は宮沢賢治「永訣の朝」。。
「春と修羅」に収められているこの詩は有名ですが、
「永訣の朝」「松の針」「無声慟哭」をあわせて三部作と呼ばれているのをご存知ですか?
今日から3回に渡ってこの三つの詩を配信します。
「修羅を歩いている・・」という賢治の思いに触れてみて下さい。
最愛の妹とし子の死を目前にした賢治の想いが綴られたこれら三つの作品を読んでいると、胸が熱くなってしまいます。
『永訣の朝』    宮沢賢治

けふのうちに
とほくへいつてしまふわたくしのいもうとよ
みぞれがふつておもてはへんにあかるいのだ
(あめゆじゆとてちてけんじゃ)
うすあかるくいっさう陰惨な雲から
みぞれはびちよびちよふつてくる
(あめゆじゆとてちてけんじや)
青い蓴菜のもやうのついた
これらふたつのかけた陶椀に  
おまへがたべるあめゆきをとらうとして
わたしはまがつたてつぽうだまのやうに
このくらいみぞれのなかに飛びだした
(あめゆじゆとてちてけんじゃ)
蒼鉛いろの暗い雲から
みぞれはびちよびちよ沈んでくる
ああとし子
死ぬといふいまごろになつて
わたくしをいつしやうあかるくするために
こんなさつぱりした雪のひとわんを
おまへはわたくしにたのんだのだ
ありがたうわたくしのけなげないもうとよ
わたくしもまつすぐにすすんでいくから
(あめゆじゆとてちてけんじゃ)
はげしいはげしい熱やあえぎのあひだから
おまへはわたくしにたのんだのだ
銀河や太陽、気圏などとよばれたせかいの
そらからおちた雪のさいごのひとわんを……
…ふたきれのみかげせきざいに
みぞれはさびしくたまつてゐる
わたくしはそのうへにあぶなくたち
雪と水とのまつしろな二相系をたもち   
すきとほるつめたい雫にみちた
このつややかな松のえだから
わたくしのやさしいいもうとの
さいごのたべものをもらつていかう
わたしたちがいつしよにそだつてきたあひだ
みなれたちやわんのこの藍のもやうにも
もうけふおまへはわかれてしまふ
(Ora Orade Shitori egumo)
ほんたうにけふおまへはわかれてしまふ
あああのとざされた病室の
くらいびやうぶやかやのなかに
やさしくあおじろく燃えてゐる
わたしのけなげないもうとよ
この雪はどこをえらばうにも
あんまりどこもまっしろなのだ
あんなおそろしいみだれたそらから
このうつくしい雪がきたのだ
(うまれでくるたてこんどはこたにわりやのごとばかりでくるしまなあよにうまれてくる)
おまえがたべるこのふたわんのゆきに
わたくしはいまこころからいのる
どうかこれが天上のアイスクリームになって
おまへとみんなとに聖い資糧をもたらすやうに
わたくしのすべてのさいはひをかけてねがふ


ナレーション・朗読会等 承ります。メールにてご連絡下さい
kotodama.1280@gmail.com


🎶ランキングに参加しています。よろしかったら下記をクリックして応援お願い致します!
にほんブログ村 小説ブログ 朗読・リーディングへ
にほんブログ村
posted by mika at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮沢賢治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ポッドキャスト登録
「朗読ポッドキャスト~kotodama~」